私のコンプレックスは・・・

今朝,小学生の頃にいじめられていた夢の途中でビクッとして目が覚めた。

私は普段夢を覚えていないので,夢の内容よりも久しぶりに夢を覚えていることに驚いた。

もちろん嬉しい内容では無いのでテンションは上がらなかったが,この夢をきっかけに昔の自分を振り返って,こんなコンプレックスあったなぁ,あの時はどうしたかなぁと考えた。

私のコンプレックスはたくさんあるが,ネタとして面白そうな『胃腸がザコ』について語ります。

胃腸がザコ

  • 小学生:漏らしました
  • 社会人:ほぼ漏れてます
  • 教訓 :良くも悪くも強烈な経験が財産

小学生:漏らしました

確か小学5年生,高学年の出来事で今でも恥ずかしいです。。。

私が胃腸がザコなのは恐らく遺伝で,胃腸ザコ家系です。

カップラーメン等少し消化に悪いものを食べると,すぐお腹を下していました。

しかし,小学校の給食では基本お腹を下すことは無く,おかわりもするおデブでした。

給食を作ってくれた皆様,さすがです。

本当に美味しい給食をありがとうございました!

そんな胃腸ザコのおデブに恐怖の日がやってきます。

ある日の午後,掃除の時間に緊急事態・猛烈な便意に襲われます!

すぐトイレに行けば良かったのですが,この当時の私がトイレに行けなかった理由が2つあります。

・周囲にからかわれる

今もあるかもしれませんが,学校のトイレ(大便器)を使うとからかわれる文化がありました。

当時私もこの文化に飲み込まれていて,学校ではトイレに行きたくありませんでした。

・掃除している生徒達がトイレにいる

緊急事態のタイミングが運悪く掃除の時間だったため,掃除係の生徒達がトイレにいます。

確か一度トイレに向かいましたが,生徒が複数いたので引き返しました。

テンパってテンパって,そして遂にトイレに行けず漏らしてしまいます。。。

その後は地獄です。

自分の掃除係の場所に戻らなければなりませんが,他の生徒達とは距離を取ります。

ですが,周りは『何か臭わない?』とザワつきます。

自分が臭いの発信源であると特定されるのは時間の問題でしたが,その時は何とか誤魔化せないかを必死で考えていたと思います。

掃除の時間が終わったらすぐトイレに駆け込み,必死で処理しましたが臭いは完全に消えません。

その日は家に早く帰りたいと強く思った私の黒歴史です。

社会人:ほぼ漏れてます

胃腸ザコの辛い経験はたくさんありますが,もう一つ印象に残っている話がこちら。

社会人になって数年目,30歳手前の時です。

その日は朝から出張で,自家用車で家から2時間くらいの所に向かって運転していました。

晴れた日で心地よく車を運転していたのですが,突如緊急事態が訪れます。

その時,一般道路を走っていたのですが渋滞気味です。

トイレがありそうなコンビニに行くにも時間がかかりそうです。

小学生の時の黒歴史とは違い,物理的にトイレが無いのでしばらく我慢するしかありません。

お腹・お尻に力を入れたり,音楽を流して気を紛らわそうとします。

便意は波を超えると数分程度落ち着きますが,次はビッグウェーブとなって押し寄せます。

やばい,漏れる。。。

段々コンビニまで我慢できるのか怪しくなってきます。

次第に思考が『我慢する』から『車内で処理する』に変わっていきます。

社内を見渡します。。。

水筒は・・・ ダメだ,妻に殺される!

工場用ヘルメットは・・・ ダメだ,通気孔があってそこから漏れる!

と、脳内ノリツッコミをしていると何とかコンビニにたどり着きました。

車からコンビニのトイレまでの移動でちょっと漏れてたかも。。。

冷汗をダラダラ流しながら、何とかトイレに駆け込み処理できました。

その日の仕事には遅刻しましたが、安堵感の方が大きく生き生きと仕事ができました!

教訓 :良くも悪くも強烈な経験が財産

私の『胃腸ザコ』コンプレックスの悪夢も今ではネタとなります。

当時は悪い思い出でしたが、強烈なものなので今でも覚えています。

逆に強烈でないものはどんどん忘れてしまいます。

もちろん幸せな経験をたくさんしたいですが、刺激のあることを意識していきます。

コメント