文化の『強さ』と『難しさ』

どうも、ナニモモです。

先日のハロウィン(10月31日)は、コロナの収束もあって去年の2020年より盛り上がったみたいですね。ハロウィンの日は仮装・コスプレをすることが文化になりつつありますね。

今回は文化について,手に入れることの『強さ』と『難しさ』を紹介します。

文化の『強さ』

○月○日は○○の日といった文化には、非常に大きな経済効果があります。

ハロウィンでも1,000億円を超える市場規模であり,企業はこの文化に乗っかりたい・手に入れたいのです。

文化を手に入れた企業の一つにケンタッキー・フライド・チキン(以下KFC)があります。

12月には『ク〜リスマスが今年もや〜ってくる〜♪』のCMをKFCが打ち出し,皆さんを『クリスマスだからチキンを食べよう!』という気にさせるのです。

KFCの売り上げはやはり12月が圧倒的で,他の月の1.5〜2倍の売り上げがあります。

クリスマスにはもちろん,ケーキや子供のおもちゃ等の売り上げも跳ね上がります。

文化には,皆さんの『〇〇だから〇〇しよう!』と思わせる大きな『強さ』があるのです。

さて,このビッグイベントのクリスマスに登場する超有名人と言えば『サンタクロース』ですよね。

『サンタクロース』って,赤と白の服を着た白ひげのおじさんってイメージがありますよね。

赤と白と言えば,超有名飲料メーカの『コカ・コーラ』のカラーと同じですね。

昔に,赤と白の『サンタクロース』が『コカ・コーラ』を持ったCMを打ち出したそうです。

『サンタクロース』は赤と白と言うことを定着させたのに『コカ・コーラ』が一役買ったのですね。

KFCのカラーも赤と白ですし,色にも『〇〇だから〇〇しよう!』と思わせる『強さ』がありそうですね。

文化の『難しさ』

文化は手に入れた時の『強さ』はものすごいのですが,手に入れるまでの『難しさ』もものすごいのです。

前述したビッグイベントのハロウィンやクリスマスの裏で,文化にしたくてもなかなかできない『文化候補』が無数にあるのです。

ハロウィンとクリスマスの間にある11月は,語呂も良くて『文化候補』が多い月です。

特にゾロ目の11月11日には,50件程度の記念日が日本記念日協会に登録されているのです。

その記念日の中でも特に有名なのが,『ポッキー&プリッツの日』です。

超有名お菓子メーカの『江崎グリコ』が,平成11年11月11日から文化にしようとしました。

『江崎グリコ』多種多様なイベント・広告を打ち出して20年以上になりますが,『11月11日だからポッキーを食べよう!』とはなかなかなりません。

これが文化を手に入れることの『難しさ』です。

文化を手に入れるには,文化にしようとする活動はもちろんですが,環境や運も必要なのかもしれません。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント