店内音楽の魔法とは

どうもナニモモです。

皆さんのふとした時に頭の中で再生される店内音楽は何ですか?

私は『ドン・キホーテ』です。

ドンドンドン、ドンキ、ドンキ、ホーテー♪

何か行きたくなってきませんか?

これが店内音楽の狙い・効果です。

ついつい行きたくなる、買いたくなる店内音楽の魔法について2つのポイントで解説します。

テンポと曲の質

店内音楽はテンポ(速さ)によって、人に与える効果が変わります。

アップテンポの速い音楽では、人の動きが速くなります。

そのため、店内の回転率を高める効果があります。

逆にスローテンポの遅い音楽では、人の動きも遅くなります。

売りたい商品の前に立ち止まる時間が増えて、購入される確率が上がります。

もちろん、商品が魅力的であるのが大前提です。

また、曲の質によっても人に与える効果が変わります。

安っぽい曲が流れると、目の前の商品が安く感じやすくなります。

スーパーの特売コーナーで安っぽい音楽が流れているのはそのためです。

逆に高級感を出したいなら、ジャズやボサノバのような落ち着いた雰囲気の曲が良いですね。

スターバックス等のオシャレなお店でよく流れていますね。

可処分精神

耳に残る音楽、口ずさみたくなる音楽にはお店にいない時にも効果があります。

可処分精神を奪うことができるのです。

可処分所得や可処分時間と並べると可処分精神については下記となります。

可処分所得:自由に使うことができる所得

※総所得から、生活に必要な固定費や税金を差し引いた部分

可処分時間:自由に使うことができる時間

可処分精神:自由に使うことができる考えるエネルギー

※考えるエネルギー全体から、生活に必要な考えるエネルギーを差し引いた部分

耳に残る音楽、口ずさみたくなる音楽は、ふとした時に考える可処分精神を奪って、またお店に行きたくなる気持ちにします。

店内音楽を意識して聞いてみるのも面白いですね。

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント