お手軽スーパーフード『ナッツ』

皆さん、お手軽で健康に良い食べ物欲しくないですか?

それが美味しいなら尚更欲しいですよね!

美味しすぎて食べ過ぎ注意ですが、栄養素が豊富なのがナッツ!

アーモンド、カシューナッツ、クルミ等種類は沢山あって栄養素も多少異なりますがどれも良い栄養です。

今回はナッツの種類毎の詳細ではなく、ナッツ全体の特徴について解説します。

⭐︎ナッツの3つの特徴

  1. 身体に良い脂質
  2. 気になるカロリー
  3. 無塩で十分美味しい

1. 身体に良い脂質

脂質と聞くと、脂肪になるんじゃないの?太るんじゃないの?と悪いイメージがありますよね。。。

でも脂質にも種類があって、ナッツに含まれる脂質は身体に良い脂質なのです。

脂質は4種類の脂肪酸を主に構成されています。

4種類の脂肪酸と概要は以下で、ナッツには2と3が多く含まれていますよ。

  1. 飽和脂肪酸:脂肪酸のリーダー、生活習慣病や肥満の代表
  2. 一価不飽和脂肪酸:悪玉コレステロールを減らす
  3. 多価不飽和脂肪酸:悪玉コレステロールを減らす+血圧を下げる
  4. トランス脂肪酸:飽和脂肪酸と同様に健康に悪影響

脂肪酸には健康にプラスになるものマイナスになるものがあるんですね。

ナッツは健康にプラスになる脂肪酸が多く含まれているんですよ!

2. 気になるカロリー

ナッツは健康にプラスの脂肪酸が多く含まれていますが、脂質が多いためカロリーも低くはありません。100g当たり600kcal前後あります。

健康に良く美味しいのですが、食べる量は意識したいですね。

おやつに20〜30g(150kcal前後)が良いと思います。

3. 無塩で十分美味しい

市販のナッツは塩分を加えているものと無塩の大きく2種類があります。

塩分が含まれているものは主にお酒のおつまみですね。

お酒を飲むと塩分が欲しくなりますからね。

普段食べるナッツは無塩で十分美味しいです。

塩分も控えたほうが健康に良いですしね。

●まとめ

毎日おやつに無塩ナッツを20〜30g食べると良いですね!

何より美味しいので、食べることはストレスになりません。

ただ美味しいので食べ過ぎないように意識するのがストレスになるかも。。。

20〜30gの小分け袋のものが食べ過ぎ防止+持ち運べて便利です!

スーパーやネット通販で売っていて、1g当たり2〜4円くらいですね。

今日もナッツをポリポリ齧りながらNetflix観て過ごします。


コメント